背景

スタッフブログ Blogs

2017.08.22嵐山の鵜飼い

ご無沙汰感満載のブログ更新となります…。

昨日、嵐山の鵜飼いを見てきました。
行く前は「どんなもんなんかなぁ〜」なんて多少懐疑的だったのですが、なんと表現すればよいのでしょうか、鵜飼いそのものを拝見するのはもちろんのこと、周りの雰囲気も風情があり、また日中は34度と暑いものの、夜になると風が涼しく、非常に風情がありました。
鵜飼は長良川など、決まった場所でしか見れないのですが、こうやって観光地の中でも見れますので、是非京都にお越しの際には計画に組み込まれてはいかがでしょうか。
19:00と20:00(9月は18:30と19:30の2回)に乗船でき、予約は不要。
9月23日まで乗船できます。
詳細はこちらをご確認ください。

なお、京都は嵐山の他に宇治(宇治川)でも船が出ています。

-DSC02012
チケット売り場。事前予約は不要です。

-DSC02014
さすが嵐山。韓国語中国語英語日本語の表示もあります。

-DSC02018
乗船は15分前から始まります。一番大きな船で15人乗り。

-DSC02026
鵜飼の船を見るために、遊覧船がきれいに列をなします。
どちら側に乗車しても鵜飼は見れるようになっています。

-DSC02033
鵜飼の船がやってくる頃は既に真っ暗。
鵜匠の掛け声と炎の灯りを当てに鵜匠の手につながれた6羽の鵜が鮎を捕らえます。